So-net無料ブログ作成

海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)

 大阪府警生活経済課と八尾署は24日、電波法違反(無線局の運用)の疑いで、大阪府八尾市恩智中町、無職、藤井俊彦容疑者(32)を逮捕した。府警によると、自宅に無線設備を置いて海上保安庁などに数十回にわたり虚偽の通信を繰り返していたといい、今後は偽計業務妨害容疑でも立件する方針。

 調べに対し、藤井容疑者は「混乱する現場の様子を想像すると気分がスカッとした」などと供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月3日午前3時半ごろ、総務大臣の許可を受けずに海上保安庁が船舶に対して安全情報などを提供する周波数帯に電波を発射し、無線局を運用したとしている。

 府警によると、藤井容疑者は約3年前にアマチュア無線の免許を取得。昨年ごろから本州四国連絡高速道路(神戸市)の関係者になりすまし、「明石海峡大橋付近に流木が流れている」「明石海峡上の道路で塗装作業を行う」などと虚偽の通信を繰り返していた。

 通信を受けて海保がヘリコプターや巡視船を出動させる騒ぎになったこともあり、近畿総合通信局から情報提供を受けた府警が捜査を進めていた。

 また、八尾市や東大阪市の消防、関西の私鉄でも昨年10月ごろから虚偽の通信が相次いでいたといい、府警は関連を調べている。

【関連記事】
まんじゅうから縫い針見つかる 静岡
皇族に「危害」ネット上で予告 26歳無職男を逮捕
フリーダイヤルに無言電話2千回 無職男逮捕
教諭が生徒の父親に「差別はがき」 校内では生徒指導担当
「空港爆破」と予告電話 愛知、無職男を書類送検
虐待が子供に与える「傷」とは?

竹林の負傷女性死亡、同居男を傷害容疑で逮捕(読売新聞)
ストラーダチューンで自分仕様に仕立て上げる楽しみを
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破−−福島・飯舘(毎日新聞)
三原じゅん子、女優引退宣言 谷亮子を挑発「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)

<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)

 JR奈良駅前の旧ホテル建設用地から大量の産廃が見つかった問題で、産廃を処理した「JR奈良駅前ホテル開発」(奈良市)が14日、奈良市に処理費用約2億600万円の支払いを求め、奈良地裁に提訴した。市はこの処理費用を予算計上しようとしたが、市議会の反対で未払いになっている。この問題が解決しなければ跡地利用もめどが立たない状況だ。【大久保昂、岡奈津希】

 訴状などによると、同社は08年11月、奈良市と協定を結び、ホテル建設を計画していた不動産開発会社から事業を継承。JR奈良駅前の用地にあった産廃の処理を進めていたが、途中で建設資金の調達が困難となり、建設を断念した。

 09年1月に両者が結んだ合意書で、処理費用は市が負担することになり、同社は市に約2億600万円の支払いを要求。市は過去3回にわたって補正予算案を提案したが、「金額の根拠が不明」と主張する市議会の反対で予算化できず、未払いの状態が続いていた。

 支払い期限の09年6月から約1年が経過し、同社側はこの日、「民間企業としてこれ以上待つことはできない」と話した。仲川げん市長は「今後、弁護士と協議し対応する」としている。

 問題の旧ホテル用地(約2500平方メートル)は元々、平城遷都1300年祭に合わせてホテルを誘致するため、市が民間に10億円で売却した。JR奈良駅前の一等地で、市はホテル建設が頓挫した後の09年6月に8億円で買い戻した。しかし、担当者は「産廃処理費用の支払い問題が解決するまでは次の利用法を考えるのは難しい」としている。

改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
<買い物弱者>全国600万人 路線バス廃止、相次ぐ閉店で(毎日新聞)
覆面パトカーにはねられ小1男児が重傷 兵庫・伊丹(産経新聞)
<掘り出しニュース>明治から続く医院、画廊に 岐阜・池田(毎日新聞)
和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談−鳩山首相(時事通信)

<大阪・母子殺害>2審の死刑破棄、差し戻し 無罪の公算も(毎日新聞)

 大阪市平野区のマンションの一室で02年4月、母子を殺害したとして殺人罪などに問われ、2審で死刑を言い渡された大阪刑務所刑務官(休職中)、森健充(たけみつ)被告(52)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は27日、1、2審の有罪判決を破棄し、審理を1審の大阪地裁に差し戻した。差し戻し審で無罪が言い渡される可能性も出てきた。

 森被告は02年4月14日、妻の連れ子だった義理の息子の自宅で、息子の妻まゆみさん(当時28歳)を絞殺、長男瞳真(とうま)ちゃん(同1歳)を浴槽で水死させて、室内に放火したとして起訴された。森被告は任意聴取の翌日に自殺を図り、逮捕後は否認と黙秘を貫いた。公判でも「現場にも行っていない」と無罪を主張していた。

 公判では、事件と森被告を結びつける直接証拠がないため、検察側が積み上げた状況証拠で有罪が認定されるかが争点となった。

 1審の大阪地裁(05年8月)は「状況証拠を全体として考察すれば、合理的な疑いが生じない程度に犯行が証明されている」として無期懲役を言い渡した。2審の大阪高裁(06年12月)も状況証拠の価値を認めたうえで、「被告には更生の可能性はなく、極刑はやむを得ない」として1審を破棄、死刑としていた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
1票の格差:札幌高裁は「合憲」 判断、最高裁へ
ネット中傷:接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断
命名訴訟:「玻南」不受理は適法 最高裁、両親の抗告棄却
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し

「悪代官」訴訟、例えられた前市長の請求棄却(読売新聞)
アクチュエイトジャパン、BIRTレポート閲覧用iPhoneアプリを公開
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ(産経新聞)
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
元マラソン選手の松野明美さん、熊本市議に(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。